RolleimagicIIを2本

R0840001R0840008R0840009R0840010R0840011R0840005

 

RolleimagicIIで撮ったフィルムは2本。

上のはPORTRA 400で撮りました。場所は不思議博物館。

その前に現像受け取りでアルバスさんに行ってたので、その場で一番ISOが高いPORTRAを一本買って行きました。

なんかこう家を出る前に全部仕込みを~じゃないのは楽しいですね。

流石に館内は薄暗く、ISO400だと厳しいものがありましたが、でもこの古いカメラの露出計がしっかり生きてるのを実感できます。

 

基本は現像+データで頼んでるのですが、120フィルムのカラーネガだけは同時プリントをお願いしてます。

本来全部プリントしたいのだけどコストがかかるので…12枚ならいいかなって思えるのはメリットです。

仕上がりのデータを見るとその枚数に「え、もう終わり?」て物足りなさは出てくるのですが、プリントすると絶妙です。

撮るときも単純に1枚に対して36枚の3倍気持ちがこもりますし、軽く散歩するときはすっきり1度で使い切れるし、物足りなさがあるデータだって一枚一枚の解像度が高いのでじっくり見れます。

 

あともう一本はPROVIA 100Fです。

643800364380046438005643801064380116438012

ポジフィルムはやっぱりフィルムをそのまま眺めるのがたまらないのですが、画像でももちろん楽しいです。

フィルムの写真は拡大するより縮小してる方が好きかな。

今書いてる状況での上の画像は、だいたいフィルムより1回り大きいサイズ。ちょうどいいです。

 

現像後のポジフィルムをみてると、ファインダーを覗いてる時と同じ感じがします。あ、あの時覗いた風景だ!て思い出されて、また次はファインダーを眺めたくなります。実に楽しい。

 

上の草や木の写真はRolleimagicII持って軽く散歩してて、ちょっと丘にある公園?か微妙な、雑草がかなり生い茂っててボロボロのベンチだけがあるとこにフラっと入り、のんびり写真を撮ってました。途中でフィルムが終わったのでそのボロボロのベンチで(可能な限りきれいな場所を選んで)フィルム交換しました。手の上だけではちょっとフィルム交換は厳しいカメラです。

 

のんびりしててよかったのですが、惜しむらくは大量の蚊ですね。しばらくかゆかった。

思い返してもPROVIAが2本あるんだけど、一本しか現像に出してませんね。いや2本出したけど、一本未撮影でそのまま返ってきました。

35㎜と違ってフィルム送りのミスとかそういうのではなく完全に新品をだしちゃったのが一目瞭然です。ちょっと撮影済みのフィルムが部屋にないか探してみよう…

 

BW0353001

 

と書いてて、これまで全体的に「フィルムの不便なところが良い」というような話になってますが、台無しかもしれませんが、不便なのは不便です。便利にこしたことはないです。

ただ、状況次第でその良し悪しの言い方、というか言うべきこと、は変わってくると思います。

 

例えば、デジタルは便利でフィルムよりも優れてる、という人に対して、不便さをウリに伝えてもあまり意味がないと思います。

”敢えてそこがいい”というのは基本的にプレゼンには向かないと思います。プレゼンには”対等かそれ以上に存在できる価値”を見せられたらいいなと思います。例えばフィルムであれば、受光部は撮影する度に常に新しくなる訳で、センサーほどダストのストレスはなく、ダストはダストであっても毎回違う場所にあり、デジタルで撮った時みたいに”どれも同じところに斑点がある”みたいなのにはならない、というところは素晴らしいと思います。

不便さを伝えて楽しめるのは身近な人間、かなあと思います。同じフィルムカメラ持ちであればそうだし、あとは親戚や友達にも伝わりやすいと思います。親身な存在ほど自分の言ってる内容に温かみが混ざり、不便な点の話に魅力が増すのではないかなーと思います。

 

まあなんかごちゃごちゃ書いたけど、それはさておきいろいろたのしいことが沢山あればあるほど毎日が幸せです。

3657005

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です