Planar 50mm F1.4をF5.6で

我が家のα7Ⅱ基本レンズになってるヤシコンプラナー50mm F1.4。

今日も通勤中の公園で撮影してきたのですが、今回はF5.6縛りで撮ってみました。

 

オールドレンズを使うときは高画質よりも周辺の乱れや光量落ち、あとハロなどを楽しむのでいつも開放で撮影してます。実に楽しいです。

 

しかしこう毎日公園で同じ花を撮っていると色々試したくもなります。

そこで今回は「開放禁止。F5.6に絞って撮ろう」と思いました。

 

DSC04271

 

正直個人的にはここまで絞るとレンズの良し悪しとかわかんなくなってきます。

ボケ具合とかはレンズごとに変わるだろうし、その他あれこれ比較すれば違いもあるんでしょうけど、「思った通り良い」か「意外としっかり撮れて良い」か、そんな感想の違いしか頭に浮かびません。。素人ですのでね…

DSC04272DSC04273DSC04274

でもビシッと撮れるのは良いですね。ハズレがないというか。

ピンぼけ的な意味でもハズレにくいのは当然なんですが。

 

DSC04275DSC04276DSC04277

ちゃんと背景の情報が残るのも良いです。なんとなく「ボカしとけばそれっぽい写真になるぜ」から抜け出して、今度は逆のパターンで「そんなのは自己満足だ。しっかり絞ってちゃんとした写真を撮るのが通だぜ」になった感じの自己満足が得られますね。

ところで設定をビビッドにして更に彩度を+にしてたのですが、流石に真っ赤とかは限界があり途中で少し抑えました。

しかしプラナーはビビッドが合うなーと思います。その理でいけば夏とも相性よいのかな。

 

DSC04278

絞り形状が丸じゃないのもまた一興ですね

DSC04279

かなりの逆光でもしっかり。

DSC04280

F5.6であれば日の照っている場所もやや日陰の場所もなんなく撮れました。

DSC04281

 

一瞬「どれが主役?」となってしまう写真が多々撮れました。ボケに甘えすぎてましたね。

絞るとフレーミングも色々考えないといけないですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)