Agfa CT precisa 100

000026

Agfaのポジフィルム、Agfa CT precisa 100を使ってみました。

※今回写真のキャプションは気にしないでね!

カメラはいつものSIGMA SA-7と35mm F1.4 DG HSM Art。

000027000020000019000009

撮影はいつもお世話になってる写真屋さんアルバスに向かう際、ちょっと離れたところで開催されていた”蚤の市”に寄ってみようと歩いた道中に撮りました。1km弱かな?あ、蚤の市での写真もあります(↑では中2枚とか)。

天気が良くて汗かきそうな正午前後、です。

なかなかノスタルジックな色味になっております。

しかしまだフィルムは枚数撮ってないので、この色味が本来の色なのかスキャンに拠るものなのか理解しきれておりません。もっといっぱい、いろいろなフィルムを使ってみないと正確に判断はできませんね。

 

ただ最近思うのが、デジタルデータにするのがなかなか高い、ということ。現像代が2倍になる感じで、加えて本当にプロ用機器でのスキャンなのかな…とすこーしだけ疑心暗鬼になってまして。

というのもたまにゴミが着いていたり、120フィルムの解像度がかなり低かったり。。

こういうものなのか、いや微妙なのか、判断するためにもいっそフィルムスキャナ買おうかなあ…とか考えてます。フラットベットスキャナ。

 

話を戻してAgfa。このフィルムは日本製で厳密に当時のAgfaを楽しめるものではない、とは理解しておりますが、でもAgfaというブランドが個人的に好きなので好んで使いたいと思ってます。

ドイツのブランドだけれど、どこかしらユルく柔らかくて、でもやっぱ機能美で、その塩梅がとても良いです。

もう10年くらい前にトイデジの一種であるAgfa Sensor 505dを購入して旅のお供にしてました。オレンジのボタンはステキな一品です。

今は専らAgfa Sensor 1535が気になっております。

 

000030000017

ちょっとユルいドイツブランド、といえばRolleiも同じく好きです。

二眼レフのRolleiはブランド力含めガチ感あるのですが、例えばRollei35なんかはモノはすごく良いけど、肝心の使い方がユルい。目測だし、相当なコンパクトで気軽に持ち歩こう的だし。

更にその後シンガポール製になったり、日本メーカーのOEM供給を受けたり…普通にみれば「凋落」ともとれるのですが、その辺のネームバリューを失いそうなコストダウン製品も、よりユルさがにじみ出て良いと思います。ということでXF35を落札してしまった…

そんなこんなでAgfaとRollei、どっちも好きです。私にはライカ使うほどカメラが「メイン」の存在ではないので。

000016000003000006

3大フィルムメーカーの過去の栄光を持つAgfaのフィルムを、ここ最近その解像力と質で評判を得ているシグマのArtレンズを通して、レンズが「安かろう悪かろう」と評されてた時代のシグマが出していた凡庸なプラスチックの一眼レフで撮る、このなんでもあり感はとても楽しく自由な気持ちにさせられます。ミラーレス+オールドレンズを超える面白さもあります。

 

ところで、全体的に淡いなーと思ってた写真達なのですが、これ↓

000033

マイカーの赤をしっかり再現してくれました。お気に入りの1枚。

レンズの素性がいいのもあると思いますが、立体感や透明感もとても心地よいです。フィルムやるな!と思いました。

 

000007

 

 

Lomo100

FH000035FH000034

SIGMA SA-7にLomo 100を入れて散歩しました。

SA-7はライトリーク対策をしたつもりがまだダメでした。これはこれで味があるけど、毎度同じ場所に出るのも能がない。もちょっと対策してみます。

 

レンズはインダスター50-2と35mm Artです。両極端。上二枚はArtですね。

FH000005FH000002FH000026FH000021

このへんはインダスター。Lomoのフィルムは割りと普通な感じだと思います。中の中というか。フジとかのフィルムは普通と言っても立派に高品質。

Lomoのフィルムとインダスターでちょっとノスタルジックになりますね。

Artはこれはこれで古めかしいフィルムシステムに超シャープな最新レンズで面白いです。

 

FH000033FH000030FH000019FH000011FH000010

 

ネガは写真屋さんに持っていって少し待てばその日のうちに受け取れるスピード感がいいですね。

今後も35mmはネガ中心かなあ。中判はポジででかいフィルムを眺めたいですね。

ただどちらもネガがプリントもしたい。その分割高になって悩ましいです。

Rollei magic II

DP3M1505

どうしても6×6写真を撮りたい入用が出来て色々見た後、このローライマジック2を購入しました。

 

DP3M1504DP3M1501

なんでまた…と言われそうなチョイスなんですが。一応あれこれと調べた末の選択です。

まず前提に、「中判ポジそのものを使った作品を作る」という話が浮かび上がりました。

その上でFujiとかの6×4.5,6×7,6×9とかも候補にあり、色々見てはいたのです。ヤフオクにも入札したのですが3連続ダメで、こうなったら普通に中古ショップを見よう、となり、そうこうしてるうちに二眼レフになりました。

 

しかし私二眼レフ持ってたりします。

DP3M1529

LomoのLubitel 166B。初めて買ったカメラだと思います。よりによってLubitelでカメラデビューしてます。

これで撮っても良かったのですが、今回人を撮るし販売もするので失敗は全て直接ダメージになり、場所代とかも考えて極力失敗は防ぎたいという思いがあり、さらにLubitelもわりかしまともとはいえやはりLomo的な写りを楽しむレンズであり、さらにさらに、ファインダーがすごい小さく構図を決めづらい。色々考えてトイカメラ的なものでなく機材は信頼するものにしたい、と思い別途購入しようと思いました。

DP3M1518

てっきり二眼レフはLubitelのようなファインダーだと思ってたので、ネットで調べてる時にファインダーを覗いた画像があってびっくりしました。でかい!ちゃんとキレイに映る!分かりやすい!立体感がある!立体感がありつつ平面に張り付いてるような!

いやこれは普通に二眼レフ使ってたら別に普通なんでしょうけど…この時点でもう「ちゃんとした二眼レフを使いたい!」という思いでいっぱいになりました。

 

DP3M1510DP3M1514DP3M1515

んで色々二眼レフをみてました。リコーフレックスとか手頃だしいいなーとか見てたけどシャッター速度に不安があったり、諸々鑑みるとRolleicordがいいなとなりました。流石にRolleiflexは手が出ないのですがやはりローライへの憧れもありますし、色々と調べました。Rolleicordなら数万でそこそこいけるぞ…その時ふと目に入ったのがこのRollei magic。

なんと露出オートで絞りとシャッター速度を決めてくれます。

 

私は普段カメラでは絞り優先を使っており、完全マニュアルの感覚を掴めてません。スマホアプリの露出計で測って、とか晴天F11でSS=1/ISOとか、勉強もしたのですが上述のように失敗が怖い撮影、できればオートでやってほしいなーとヘタレ心が湧き、もうRollei magicが気になって仕方なくなりました。

2万で購入できたところ人気の無さを感じますね。

DP3M1509DP3M1521

他のローライ機とくらべて独特な見た目ではあるのですが、なかなか可愛いです。レンズが引っ込んでる(というかレンズ周りが前に出ている)とことか、どことなくヌメっとしていてレトロフューチャーです。

フィルムを巻くのもセミオートマット?で完全に手動で止めるLubitelに比べると「ハイテクだー!」てなります。

 

問題は肝心の露出計のセレンがちゃんと生きてるか。

動いてはいるので試し撮りはしました。よく考えたら試し撮りの現像受け取る前に撮影本番だわ…不具合あればマニュアルで、と思っての試し撮りだったけど意味がまったくないな…

 

結局バクチは変わりませんでしたとさ

 

DP3M1530DP3M1531DP3M1532

単独で見ると似たもんだと思ってた2台だけど並べるとぜんっぜん違うな。

なお重さはRolleiがLubitelの倍くらいはある感じです。ずっしり金属感。Lubitelはプラスチック感すごい。

福岡→大分→熊本→宮崎

SDQH4038SDQH4086

先日実家へ帰りました。

往路は下道300kmで帰ってみました。

道中、日田では梅まつりがあり、またナビに従って行くと熊本のやまなみハイウェイを通ることになったので大観峰にも寄って、結局8時間以上かかったけど楽しい道のりでした。

 

マイGTOはブレーキパッドとローターを替えたばかりでちょうどよい慣らしの300kmになりました。まだ強めに踏むとガクガクとした挙動があるけれど、これまでのサビサビで面積の1/3は機能してなかった状態はあまり放っておくべきではないなと思って替えました。

これで今年の車検は通るでしょう。そしてローター毎替えちゃったんだから少なくともその次の車検までは乗る…かな?

まあぶっ壊れなければ、の話ですが…

 

GTOの楽しみ方はもう現代において有効なのはスポーティな走りでもユーティリティでもなく、撮影モデルとしてのプロポーションですね。

カメラと相性がいいと思います。

Helios 44-2届いた

Helios 44-2 58mmF2.0が届いた。ロシアから届いたよ。

まだ数枚おためしで撮っただけなのでぐるぐるボケは未体験だけど、

第一印象はとっても柔らかくて温かみを感じる写真が撮れるなーと思いました。

もうすぐ春だけどまだまだ寒い今日このごろ、色んな意味でユルく柔らかい雰囲気はこころを和ませてくれます。

 

Flickr画像にExif追加

drkinさんのhttps://github.com/drikin/FlickrExを導入してみました。

 

SDQH3497

これまでのコメントでの記載より詳細が分かるしこちらも楽でよいです。

その代わりレンズの種類は分かりません。悩ましいですね。

 

あとこれまで「SMC Takmar」と書いてたレンズ、本来は「SuperMultiCoated TAKUMAR」の誤りでした。ごめんなさい。。

単なる略称で使えるものだと思っていました。

【駄文】趣味力

世の中色々な趣味があるけれど、時に生活が苦しくなるくらいハマるものがある。

ハマる対象は人それぞれだけど、ハマりやすいものとそうではないものはあると思う。

そしてハマりやすいものには1つルールがあって、そしてそれは特に男性が影響をうけやすいルールのよう。

そのハマりやすい典型例として、車・カメラ・ギター(楽器)・自転車あたりが挙げられる。(ワシ全部ハマる)あとカードゲームかな。トレーディング系。

典型にはまらない趣味としては、ギャンブル、スポーツ、オーディオ、旅行、ガーデニング、時計等。カードゲームでもトランプ系はこっち。

 

◯ぼくのかんがえたとてもハマるしゅみのルール

・道具を使う

みんな道具大好き。道具は人間の能力を拡張するし、道具×人で掛け算的な魅力が出てくる。

ついでに道具はだいたい作った人や歴史もあって、人間に負けず劣らずドラマがある。

封神演義とか最高です。他にないほど道具に頼るバトルものですね。

 

・実力判定がヌルい

そして、プロでない人間が趣味を楽しむには、若干の”ヌルさ”が要ると思う。たとえばガチガチに実力が問われる将棋なんかは、とても疲れる。

ヌルさを出してくれるのは”運”と”道具”。”運”を勝負事にうまく絡めてるのは麻雀。あれは技術力による実力差はあれど運が柔らかくしてくれる。

道具も、金と薀蓄でゲットして、実力差を曖昧にしてくれる。

 

・コレクション性・カスタマイズ性

道具をより進化させられる。更に言えば道具そのものが目的になりうる

 

・成長性

道具に頼りつつ、技術の上達が必要。

この辺が時計やオーディオに無い点。

あとパチンコ類は技術は要るだろうけど運との塩梅で運が強すぎる。

逆にスポーツは道具に頼りづらい。

ゴルフやボーリングは惜しい。技術側が強すぎるのでハマりはするけど絶対数はそこまで増えないと思う。

 

・プロがいる

憧れ・カリスマの存在は大きい。自分がなれなくても、なる気がなくてもいるのといないのとは大違い。

 

・道具を作るプロがいる

ファクトリーツアーとか、制作秘話とか。深みが増す。

 

・道具の善し悪しはピンキリかつ曖昧

1万円から100万円までラインナップがあって、でも100%100万円が正しいと言い切れない曖昧性。安くても個性的、味がある、高いと高いクオリティ、等で幅広く選べる。人生の経過とともに楽しみが増える。

 

なんかこの辺(道具についてが多いけど)がハマる要因かなーと思います。

 

あとは例外として本能訴え系ですね。

動物と性欲。ペットと風俗。

 

GTO+85mm Art+SFD

85mm Artを購入してからそう言えばまともに車撮ってないなあと思ったので。

SDQH3436

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

まあこの狭い駐車場の空間で中望遠使う理由が見いだせない為、構図云々というより単に画質とかボケとかを見て楽しむ感じです。

外なら背景のボケとかで色々活かせるのかなあ。そのうち。

 

折角なので新調した三脚初使用と兼ねて全てSFDで撮りました。

 

このsd Quattro Hを使ってて、常に思う悩みがボケのようなグラデーションがかった部分のザラつき。等倍鑑賞で楽しもうと思っても割りと残念なのです。

もう1つ、輝度ノイズリダクションの効き具合。なんかやけに塗り絵みたいなかかり方をして、切りたくてしかたなくなります。でも切ったら上のザラつきが激しい。

DP Merrillではなかったザラつき…たまにDP3Mなんか使うと感動します。旧機種で感動って…

ノイズリダクションのかかり方も、ソフトフォーカスのように使えたんだけどなあ…

 

ただしsdQHでもSFDを使うとこのザラつきがなくなります。さらにノイズリダクション全て最小でも問題ないレベルになり、さらにさらにダイナミックレンジが広がります。

SFDを使って初めて完全にMerrill超え、と思える気がしてなりません。

 

願わくば次のセンサー、もしくは画像処理エンジンでは普通に撮ってもQuattro HセンサーのSFDに近い画質が得られるものだったらいいなあと。。

それなら多分速攻小遣いを見直します笑

次がQuattroのままのフルサイズだったらひとまずパスしてその次まで待つかなあ…少なくともここ1,2年だったら。4年も5年も待たされたら我慢できず買うかもしれませんが。

 

SDQH3445

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH3441

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH3449

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH3446

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

85mm Art

SDQH1790

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

人生2本目のレンズに選んだ SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Artレンズ。

一般人が2本目にして最強のレンズが選択できるのはひとえにシグマの価格が良心的であるおかげですね。

そのうちポートレートを撮ってみたいと思いつつ、福岡は大橋から博多までの散歩でスナップショットを撮ってみました。

個人的に重さとかあまり気にしないので、この重量級を手に持って歩きまわります。首からかけてるけど、コートのバックルと当って傷がつきそうなのでずっと手で支える。

もっと歳取ったら軽くてコンパクトなのを買ってその楽さを味わおうと思います。

 

ここ最近M42マウントのやっすいやつばかり試してたので極端に写りがよくて笑えます。

SDQH1807

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1814

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1816

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1831

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1857

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1869

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

SDQH1877

sd Quattro H + 85mm F1.4 DG HSM | Art

いつもハイコントラストかつ赤寄りのバランスにするのですが、今回はもっと優しく現像してみました。

冬っぽさと少しノスタルジックを足すような気持ちで。

SMC Takumar 55mm F1.8

 

 

SDQH1567

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

前回に引き続きでSMC Takumar 55mmF1.8の作例。

近所をあるきつつ、正確には家→会社の通勤300mほどの距離を、少しだけ時間に追われつつ撮りました。

SDQH1562

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

絞れば割りと普通になっちゃう。

 

ので

SDQH1565

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

SDQH1566

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

開放メインで使おうかな-と思います。ふわっと光が漏れる感じ、好きです。なんか数千円だから許される遊び。

Foveonの魅力といえば解像感と色味だと思うのですが、オールドレンズで解像感を捨てるとフィルムカメラのような味になるのではないかなーと思います。

まあデジカメ世代の素人なので詳しい評価はできないのですが、でもこれは楽しいな、というのはわかります。

 

SDQH1557

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

これはピント合わせをミスってボヤっとした写真なのですが、写真を現像に出して帰ってきた時にちょいちょい入ってたあのボケ写真、そんな懐かしいものを感じました。

 

今のところ1万以下のレンズをメインに物色をしていますが、これはオールドレンズにハマりそうです。

SDQH1559

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

SDQH1569_r

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

SDQH1556

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8

SDQH1554

sd Quattro H + SMC Takumar 55mm F1.8